【オリキャラを描いて貰うスレ】かずまんデザイン牛娘 レベッカ
【ドラクエ女賢者】同人キャラ 名前はまだないw
【オリジナルキャラ】サキュバス ロサ
【オリジナルキャラ】サキュバス ロサ
【ドラクエ女僧侶】同人キャラ ラーナ
【オリジナルキャラ】pixiv小説登場猫娘 ルリ

Post

        

ぶらっくぢゃっくによろしく

category - 戯言ちくちくw
2010/ 11/ 08
                 
どもども、ちょっとツイッターでリツイートで知ったモンを紹介します。
私自身もリツイートしましたが、読ませて頂いて・・・
『あー・・・あるかもね・・・』
って思った記事を紹介させて頂きます。

サイト: ZORO ロビン 別名カミカミロビン
http://ameblo.jp/mama9000/entry-10693964343.html

先にこの記事を読んで頂きたい。
そして、有名な医者 とか 名声のある医者 ってモンがなんでそうなるか?
考えてみて欲しいと思う。

このブログでも、医療現場からの受付をした人間として、変わった患者さんや、ちょっと勘違いをしている患者さんを紹介してきたが、もしも訴えを起こしたとしても結果は解っています。

病院には、専属の弁護士がいてまず訴えを起こされても負けないと聞いた事があります。
これは、私が看護学生の時に勤めていた病院で聞いた情報です。

その為に、ブログでも書きましたが『患者への、私からの説明』ってのは一つの警告として相手に話をしてきたつもりでいます。
あとー、医者も医療ミスを犯したとしても他の病院へ移ったりして、同じ事を繰り返すのもいるってのをTVでやっていたのを見た事もあります。

あとは、日本人は地位とか、有名かどうか? などの肩書きに弱すぎるかなーと・・・

TVに出ていたり、本を書いていたり、有名だったり、もしくは学会などで色々と発表していてそれなりの地位の方などいますが、その人たちは本当に名医なのでしょうか?

ブラックジャックによろしく って本がありますが、それに描いてあったかもしれません。
手術をする名執刀医と、その病院で地位の高い人と別々で地位の高い医者が執刀した事になっていたとか・・・

医者も、それぞれの病気との闘い方があると思います。
本を書いたり、研究発表をしたり・・・

しかし、自分の社会的地位を上げる側の人が、その辺に出るのではないだろうか?
そんな事すら思ってしまいます。
全部が全部とは言いませんが、そういったケースもあるということです。

あと、自覚をして頂きたいのが、患者は医者を育てる為にいる側である事。

患者は医者に病気を治してもらいます。
医者は患者に検査結果のデータや、色々な病気のケースを与えています。

患者は、医者に経験を積ませている事を忘れないで欲しい。
モルモットとかとは違うけど、一種の研究対象になる場合もあるのかもしれない・・・
だから、学会で研究発表などが出来るのだろうし・・・
この薬を、患者A・B・Cに量を変えて投与。
こんな結果になった。 ってのを発表しているのだ。

他にも言えるのが、たとえデータを取ったとしても、それを生かせるかどうか? も出てくる。
医者も人間だ。
いい加減なのもいるかもしれないし、見落としをしやすいウッカリモンもいるかもしれない。
そんなのダメじゃないか!! 医者だろ!? って思う人もいるかもしれないが、自分の仕事に対して常時そこまで気合を入れて取り組んでいるだろうか?
要領良く、適当に仕事をしている時はないだろうか? 

別に医者の肩を持つわけじゃないが、どこまでいっても自分の身は自分で守るしかないのが現状だと思う。
他力本願ではなく、自分の行動に責任を持つ って事にちょっと形は違うけど繋がるのではないだろうか?

しかし、紹介させて頂いたブログの記事はショックだった。
本当に最悪のケースだと思う。

医療(病気)についての正しい知識 というモンよりも 医療(医者や医療サイド)についての正しい知識 をもっと一般的に広めていく方が重要だと思う。

前に書いたか忘れたが、こんなケースがあった。
腹痛で病院の救急に夜に来た。
一回目受診時、急性腹症  早い話が腹痛ってやつの診断だった。
次の日だか、その次の日にも来た。
やはり、私の受付をしていた夜に救急受診だ。
二回目だか、三回目の受診で、そのまま他のもっと大きな病院へ搬送された。
診断名が、子宮外妊娠だった。

救急というと、スグ診てくれる。 なんでも診てもらえる。 なんでも治せる。
そんなイメージがあると思うが、専門の医者ではない。 あくまで応急処置をする場所。 というのが正しい。

しかも、夜ともなれば、看護士も医者も昼間より少ない。
それで、自分達は昼間仕事で忙しい。 夜じゃないと受診出来ない。 医者だろ?早く診ろ!! ってのが、大半以上を占めている。
少ない人数で、昼間より早くってのはムリなのだ。

もしも、何かしらの症状が続いていたら昼間に専門医にかかる事をオススメする。
良くならなかったら、他の病院にかかってみるのも良いだろう・・・

私は、事故にあって自分の腰痛が治らずに色々と病院をとっかえひっかえした事がある。
自分にあった病院を見つけたら、そこへ車で片道1時間かかったが親に車でほぼ毎日乗せていってもらった。
親にはとても感謝をしている。
しかし、そうしたからこそ今は元気で生活を出来ていると思っている。

病気や怪我を甘く見ないで欲しい。
医者が合わないと思ったら、自分にあった医者を探し続けて欲しい。
本当に治す気があるのならば、本当に病気で苦しんでいたり恐ろしさを知っていたならば探すはずだし、きっと治してくれる医者に会えると私は思う。
前にもブログで書いたが、『本当に望んだり、求めれば、与えられるものだと思う。』

色々なサイドの情報がある為に、まとまらず 長々となってしまいましたが、出来る範囲での情報提供をしたつもりです。

色々な病気などに苦しんでいる人や困っている人がいると思うが、本当に本心から私は負けないで欲しいと思っている。
スポンサーサイト
[PR]

                         
                                  

コメント

非公開コメント