【オリキャラを描いて貰うスレ】かずまんデザイン牛娘 レベッカ
【ドラクエ女賢者】同人キャラ 名前はまだないw
【オリジナルキャラ】サキュバス ロサ
【オリジナルキャラ】サキュバス ロサ
【ドラクエ女僧侶】同人キャラ ラーナ
【オリジナルキャラ】pixiv小説登場猫娘 ルリ

Post

        

いそじん

category - 戯言ちくちくw
2010/ 05/ 17
                 
風邪をひいたのか、喉が痛い。
熱があったらしく顔が赤くて、凄い状態だったのだがイソジンでウガイして水分とりまくって寝ていたら数時間で熱も平熱まで下がった。
救急の職場が、デッカイ病院全体の設備を管理するよく解らないコンピューターらしきモノが背後にあり、無駄に放熱しまくるので冬でも暖房がいらない。
乾燥をした空気をはき出すくせに、温度を上げるという私と相性が抜群に悪いモンがあるのだ。
ちょっと面倒だったので、ここ最近マスクを仕事中にしなくなったら喉をやられたのだろう・・・
原因は、解っているので今はマスクをしている。
歌手でも無いのに、なんでこんなに喉をいたわる様な事をしないと体調管理が出来ない様な貧弱な体なのか、劣悪な仕事の環境なのかは謎だが・・・
ちょっとしたこんな対処方法だけで、喉の痛みや、そこからきた風邪の初期であれば問題なく治るモンだと思う。

そういえば、最近救急の医者がキレていた。
丁度、GWの時だ。
小児の患者ばかりで、しかも0歳~3歳あたりが集中的に夕方辺りに来たのだ。
昼間であれば、一応の小児科の医師がいたのだが・・・
夕方以降となれば、そうじゃなくても少ない小児科医が救急救命の病院ではない病院に当直でいるわけもなく、救急医の自分が見る羽目になるのが嫌だったのだろう。
しかも親も親で、GWで連休だからと調子にのって体力の無い小児を引っ張り回せば体調を崩すのは当たり前だと思う。
そして、それに対する対処が『病院へ行こう』なのだから医者もキレる。

まー、そんな訳で・・・たいした事のないと判断した私はウガイをして寝っ転がって、夕方からの夜の仕事に備えて今職場でこうして書いているのだが・・・
イソジンうがい液って・・・おいしくなった?
なんか、前にウガイをした時の無駄に強い刺激臭と口の中にくるピリピリがまったくなくなっていたのに驚いた。
ただ、単に自分の使ったイソジンうがい液が古かった可能性もあるのだが・・・
一応は、改良をされているのだとすれば以外な発見だと思った。

・・・もしくは、味覚が変わったのだろうか?
年齢が変わると、それまでダメだったモノが食べられる様になったり・・・また、その逆もあったりする。
味覚が変わってイソジン液ウマーになったのならば、あんまり嬉しいモンじゃない気もする。
全部美味しい味に出来るモンならしてみて欲しいなー・・・なんて思う今日この頃。

検査の時に飲むバリウムなんかも、飲んだ事はないが色々な味の種類があるらしい。
イチゴ、バニラ、チョコを始め、ヨーグルト味なんてのもあるらしい・・・
ヨーグルト味の場合、飲むヨーグルトみたいな感じで飲めるのだろうか?
もしも、検査の時に飲むバリウムの味人気ランキングなどを付けたらヨーグルト味が上位にいくのではないだろうか?w
イメージしやすい味ってのは、やはり強い気がする。


病院関連の話になったので、ちょっと久しぶりに変わりダメ患者の話をしてみよう。
その日は、救急の仮眠交代で私が前半に休み、後半に交代で受付をした日でした。
交代をして、受付の外からの入り口をナンカ嫌な予感がしたので鍵をかけて仕事をしていた時でした。

20台中盤位の男性が彼女らしき子を連れて入ってきて、目を怪我をしたから診て欲しいとの事だった。
酔っているのか、普段からそういった口調なのか・・・今時のガラの悪い感じの話口調の人だったのだが・・・

私 『うちの病院は眼科がありませんので、○○病院へ行っていただけますか?』

と話をしたら

男 『あんさー、俺、目から血ー出てるンよ。 失明したらどうしてくれんの?』

こっちの話の意味が通じていないらしい・・・
同じ事を言うと、救急隊に携帯で電話をしたらしい。
その後、また受付に戻ってきて

男 『ねー、あんた、さっき受診拒否した人? あんたの、名前と住所と電話番号メモ紙で良いから書いてくれない?』

そんなモン教える訳ねーだろっwww

私 『そういった事にお答する事は出来ません。 病院の方針について、何か質問等あるのであれば昼間の担当のモノがいる時にお願いします。』

男 『じゃーさー、今、救急隊の人と電話してるんだけど、言っている意味が解らないから代わってくれない?』

そういうと、携帯電話を差し出してきたので出てみる。
本当に救急隊の人と繋がっているのか、確認してみると本当に繋がっている
眼科が無い為に、受け付けられない事を説明。
名前と住所と電話番号についても、電話対応をしている救急隊の人も聞かれたらしい。
どっかのチンピラか詐欺師でも、面と向かってそんなモンは聞かないと思うが・・・
そして、『俺が失明したらどう責任とってくれるの?』ってのも言われたらしい。
早い話が、救急隊は『救急要請があれば向かう』という事を言っているのだが相手に伝わっていないとの事
窓口にいた男に、救急隊の人の話をするが・・・

私 『救急隊の方は、救急要請があれば迎えに来ると言っていますがどうしますか?受け入れてくれる○○病院へ乗せていってくれますよ?』

男 『いみわからねー ねえ、わかる?』

女 『わからない』

・・・日本語が通じねー・・・
その後、なんのかんの救急隊の人に話をしていたらしい・・・
まー・・・うちでは診られないので、他の病院へという事で救急隊に矛先がむいたのだろうが・・・
たぶん、『目を怪我した。失明した時の責任を他の人に取らせたい』という理由でアチコチに電話をしてどうこう言っていたのだろうと思う。
そして後になって思った事なのだが『救急要請』の意味が解らなかったのかなー? とかも考えてみた。

他にも、ちょいと前にあったのが・・・『外科』を『がいか』と言っていたのもいた・・・
何語だよ・・・って感じですが、本当にレベルが低下している気がしる・・・


しかし、今も来た患者でやはり・・・ちょっと・・・ってのがいる。
40代の女性なのだが、最初は電話で『動機がするからどう対処すればいい?』との電話。
救急病院を、何かの相談窓口と間違えているのだろうか?
しかも、電話口の後ろは何やら飲み屋系の雰囲気がする。
酒を飲めば、その程度は当たり前だと思うが・・・
しかし、下手な対応が出来ないので看護士に電話を回す。
看護士も、救急車で運ばれてきた患者がいるのにそんな電話の対応をしないといけないのは可愛そうだが・・・私も責任はとれないので、その辺の対処はプロにおまかせでw
その後、もう一度電話が来て来院するとの事で来た。
どっかのキャバクラみたいな格好をした人が二人来た。
やはり、どこかで飲んで遊んでいたのだろう。
しばらくして、その患者の名前をフルネームで聞いてくる男性が来た。
ちょっと金を持ってそうな嫌味な変態紳士っぽいヤツだ。
診察室で診察を受けているのでは無いかと話をすると、おもむろに携帯電話を取り出してどこかに電話をしはじめる。
来院した患者の携帯にかけたのだろう・・・診察室から携帯電話の音がなる。
知っているとは思うが、病院で携帯電話はNGである。
しかも、診察室にズカズカ乗り込んだり、目隠しがあるからと携帯を鳴らして場所を調べるなんてのは診察の邪魔以外の何者でもない。
この嫌味な雰囲気のある変態紳士は、どんだけ常識を逸脱しているのだろうか?
やはり、類は友を呼ぶとは言うが 似たモン同士が付き合っているのだなー・・・なんて、患者の態度や変態紳士の行動をみているとよく解る。

ちなみに、類は友を呼ぶと言ったが・・・
それは、その周囲の人間にも関係があるらしい。

早い話が、私が受付をしている間にくる人間
嫌なヤツだなー とか 変わった人だなー ってのを呼んでいるのも自分という事らしい。
私自身も同類な部分があり、そうした人間を呼び寄せている という訳だ。


自覚している部分でいけば、仕事時間中にこうしてブログの記事を書いている辺りとか・・・
あとは、年の割に飲み屋の人みたいな格好をタマーにしたり、変態である部分とか・・・


自分の身の回りの人間をみて、もっと自分を振り返る事も大事なのかもしれない。
スポンサーサイト
[PR]

                         
                                  

コメント

非公開コメント