【オリキャラを描いて貰うスレ】かずまんデザイン牛娘 レベッカ
【ドラクエ女賢者】同人キャラ 名前はまだないw
【オリジナルキャラ】サキュバス ロサ
【オリジナルキャラ】サキュバス ロサ
【ドラクエ女僧侶】同人キャラ ラーナ
【オリジナルキャラ】pixiv小説登場猫娘 ルリ

Post

        

リア友に言われたのでw

category - 戯言ちくちくw
2009/ 12/ 09
                 
仕事中ですがw 更新しますw

激しくお久しぶりです ^^
気が付けば、今年も残る所1ヶ月なくなってしまいました。
一年なんて、あっちゅうまですね・・・
そんな、あっという間が積み重なって、あっという間に歳とって
あっという間に一生が終わってしまうのだと考えると正直こわくなりますね・・・

相変わらずの、いきなり凄い書き出しになってしまいましたが最近感じる事です。
今年も何も同人作品なり何か残そうとしていたのに、行動しないで終わってしまったなーとw
やっぱり、自分の何か痕跡でもなんでも残してみたいものじゃないですか^^
その痕跡のようなモノが、何か人の役に立つようなモノだったり
大きな影響を与えるものであれば、ソレはソレで『自分の価値ある行動』となった事になるのではないかとw

よく後世に残すべき文化遺産みたいなものがありますが、最近キアイを入れていると思われる人間失格などの太宰治作品等、文学の思想もその中に入るのではないでしょうか?

何かのCMで『モノより思い出』っていうキャッチフレーズというのか、そんな言葉があったCMがありましたが『思想や考え方』を残していくのはとても難しい事なのだろうと思います。
何かの形になる作品として、そうした自分の経験や考え、思想を残し自分の生きた証となればソレは意義のある事なのではないでしょうか?


そうした事を特に感じるのが今の職場です。
激安給料の水族館から離れ、今は救急事務の事務員として受付にて仕事をしています。
山根一馬ってのはペンネームなので、探しても見つからないけどねw

いろんな人が来ます。
いろんな人が病気や怪我による、人生の岐路に立ち
自分の人生に幕をおろす方もいます。

私自身も、今から7年位前に酔っ払い運転のぢーさんに停車中にノーブレーキで車のカマを掘られ
それまで続けていた、医療と介護の仕事の現場に立つ事が出来なくなりました。
高校卒業してから、看護学校に行ったりしてその道を続けてきた私にとってそれは大きな分岐点となりました。
その事故により、正直それまでの全てを失いました。
しかし、失うと同時に得るモノも気が付こうと、気が付くまいとあるものです。
やはり、そうした経験などからくる『何か』は生きている以上は全ての人が持っていると思います
苦労していない人などいないからです。
しかも、それはその人の死により永遠に闇に消えてしまいます。
すんごくもったいないなーなんて思うのは私だけでしょうか?


その辺の重要性を感じさせられるのは、やはり受付をしていると色んな電話と取ります。
あまり、個人情報に関する事なので詳しくは書けませんが最近多い電話があります。

『相談なのですが、子供が熱があります。病院に行った方が良いでしょうか?』

そんな人が多くなっているのがちょっと情けないなーと・・・

『受診希望ですか?』

と聞くと、

『いえ・・・相談なので、教えてください』

と帰ってきます。
相談ぢゃねーぢゃんwwwww
決定権をこちらに委ねている時点で、『来なくて良いですよ?』って言えば本当に来ないのだろうか?
本気でそんな事を考えてしまいます。

『来なくて良いですよ』で、本当に来なくて死んだら誰の責任なのでしょうか?
『来て下さい』で、病院の先生が、『たいした事ないから』って言った場合、『たいした事ないのに受診させられた』ってなるのでしょうか?

理屈臭い様ですが、そうなりえる可能性もあるし
そもそも、無責任だと思いませんか? 他人に自分の子供の事を決定させる事自体が・・・

あと、もう一つ疑問なのが『なぜ聞く必要があるのか?』
受診すればお金がかかるから受診したくないってのがあるのか・・・
病院に行けばその分時間がかかる=自分の時間が減る って考えているのか・・・
どちらにしても、自分の子供と量りにかけるまでも無いモノだと思いますが・・・理解できません^^;

親に反発や不満は、私も腐る程あります。
正直、今後別居した方が良いのではないかと思うほどです。
しかし、考えてみて欲しいのは『そんな親でも自分をココまで育てるのにどうしてきたか?』だと思います。

今回の例にあてがってみるならば
『熱をだしている時に、放置していたのだろうか・・・?』
もしもそうだったとしたら『自分はどうして欲しかったか?』
親の行動と、自分の求める行動と照らし合わせれば簡単に答えは出てくると思いますが・・・

『気持ち』を後世に引き継いでいく事の難しさを感じさせられます。



現在、あいかわらずネットゲーのアイオンにどっぷりですw
新しく絵も描きましたが、またネットゲーの旗でした・・・
今職場なので、イラストアップ出来なくて申し訳ないです。
しかし、せめてクリスマスイラストと年賀イラストは年の締めくくりと年初めの挨拶なので描きたいと考えています。
一年の抱負は達成出来ずとも、初めと終わり位はしっかりとしたい・・・

・・・そんな大事言って、間に合わなかったら爆死ですが・・・

毎度毎度文章が長くなって申し訳ないです。
小説は書けない、書かないくせに ゴタクだけは出るわ出るわw
まえに、リネ2時代にネットゲーの仲間に言われましたw

『文章が長いwwwww』

ごもっともです ^^;
自分の考えや思想を伝えるのは難しいもんですね・・・ orz
スポンサーサイト
[PR]

                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

とても興味深いお仕事をされていますね。
自分の人生ならほんの数度しかない大事件が、日常的に周囲で起きている現場というのは単純に興味を引かれます。
機会があればもっといろんな例を聞きたいです!

ちなみに子供についてですが。
初めての子供の場合、赤ちゃん~幼児っつーのはあまりに自分の常識から外れた存在であるため、ちょっと様子がおかしくなると激しく動揺して訳が判らなくなったりします。
若いお母さんや、物事の決定を夫任せにしっ放しのようなお母さんなんかは、旦那の留守中に子供の容態がおかしくなった時に思わずそんな電話をしたくなっちゃうのかもしれません。
あと、普通の病院が閉まっている休日や夜中に限って体調を崩したりするので、どうすればいいかわからなくなったりもしますね。
Re: ぎゃーw ピのりさんw
> ピのりさん、お久しぶりです><
> レス有難う御座います!!
>
> 仕事は、夜間専門の救急の事務員をしているのですが・・・
> ピのりさんの話を聞く限りでは納得かもしれません。
>
> 過去の回覧に目を通している時に、患者の求める医療と、私達従事者の現場の常識にギャップがありそれが問題となるという内容がありました。
> それと、まったく当てはまる事だと思いました。
> その辺は、また長くなりそうなので詳しくは今度書かせて頂きますね^^
>
> インフルエンザも流行っていますし、お体には十分気をつけてください^^
> 今後とも宜しくお願いします^^